テキトーに生きる既婚女性がいろんなことを書くブログ

夫婦のこと、子宮筋腫 開腹手術のレポ、趣味(音楽・アニメ・香港映画・宝塚etc…) いろんなことを書きます。

【つらすぎ】母乳育児奮闘の記録 混合から完ミ

【スポンサーリンク】

こんにちは、さとこです。

突然ですが、生後5ヶ月入ってまもなく母乳育児辞めました!

ぼちぼちと離乳食を始めたのをきっかけに、混合→完ミへ移行することにしました。

思えば泣きながら悩みながら授乳してたこの数ヶ月…よくやったほうだと思います!自分マジ偉い!

混合→母乳→混合→完ミと迷走しながらやってみて自分なりに気づいた点があるのでまとめとこうと思います。

特にプレママの方、今産んだばかりで悩んでる方に読んでほしいです。

  

母乳育児がスムーズに成功するかは運任せ

なんとなく出産したら母乳が出るようになって母乳育児するんだろうな~と思ってる方が多いと思いますが、実際やってみたらガチャの要素が多くて…スムーズにスタートできるかは運任せです。

そのことを知った状態で育児が始まるのと、母乳育児は当たり前と思い込んでいるのとではプレッシャーや受けるショックが全然違います。

産後、ただでさえ体がしんどいところにお乳トラブルでのメンタル崩壊が乗っかってくると本当に地獄です。

プレママやお父さん方には「母乳育児は当たり前じゃない」ってことを知ってほしい。。。

 

妊娠中に本で予習をしておくと心構えができて良かった

 というわけで比較的時間に余裕のある妊娠中に本で予習をしておくことをオススメします。

私が活用したのはこちらの御本↓↓

kindleで購入しておいて産院で困ったとき、不安になったときスマホで何度も読み返していました。

 

また、こちらも書籍の元になったホームページなどもあり何度も読みました。

 

知識をお守り代わりに持っておくことは精神の安定にも繋がります。

ホントにオススメです!

実際に体験してみて気づいたこと

本で何度もシミュレーションしていましたが実際にその状態になって気づくこと、起こったトラブル、めちゃめちゃたくさんありました。

まず大前提として、母親と赤ちゃんの初期装備(→運の要素)にめちゃくちゃ個人差があります。

【母と赤ちゃんの初期装備】

・母のお乳のポテンシャル

乳首の形、母乳の分泌量、お乳自体の形

 

・赤ちゃんのポテンシャル

お乳を吸う技術の上手下手、口の大きさ、飲む量

 

まずこのそれぞれの初期装備にかみ合わない点があるとスムーズに母乳育児がスタートできません。

で、どうするかというと母も子も努力と根性で経験値を上げていく必要があります。またそのための追加装備が効果的な場合もあります。

 

【経験値を上げるためにやること】

・頻回授乳

昼夜問わずとにかく回数を増やして頻繁に吸わせることで母乳が出るようになる、くわえさせ方やポジショニングなどとにかくコツをつかむ、乳首が伸びてやわらかくなる、赤ちゃんの吸い付く能力も鍛えられる。

 

【追加装備】

・乳頭保護器

乳首の形が原因で赤ちゃんがお乳を吸えない、頻回授乳に耐え切れず乳首が負傷するなど、そのまま授乳が難しい場合に投入。

 

・搾乳機

保護器を使っても授乳が難しい、産後体調が戻らず直接授乳が難しい場合に投入。

 

などなど、最初は全く出てない(吸えてない)ところからいろいろ試してだんだんと母乳育児がスムーズになる感じです。

 

で、あともう一つ大きな要素が「あれ、いつの間にかなんとかなってる?」という謎の現象です。

 

【なんだかんだいつの間にか時が解決する】

・母の慣れや成長

毎日目まぐるしすぎていろんなことに悩み続けた結果、だんだん麻痺してきていつの間にか何とかなってる。

(母乳にこだわらずミルクでもいいや!と思えてきたりもする。)

 

・子の成長

口が大きくなっていつの間にかお乳への吸い付きがスムーズになったり、突然解決する。

 

私の場合・・・体験談

というわけで母乳育児がスムーズにいくまでには

初期装備、経験値、時が解決する…と3つの要素が複雑に絡み合ってるな~というのが私の印象です。

私の場合は初期装備として、

母(私)→分泌良いけど扁平な乳首で赤ちゃんにとっては吸いづらい。

我が子→哺乳の力に問題はないがおちょぼ口で乳房にガブッと食いつくことができない。

というズレがあり、最初から子が乳首を拒否してしまい直接授乳がずーっとできませんでした。

入院中に看護師さんに相談し、乳頭保護器を使ったところうまく吸ってくれることが判明。

そこから経験値をあげるべく頻回授乳するのですが乳頭保護器を使っても乳首が傷つき、激痛に耐えながら授乳する毎日を過ごしました。

 

また、子の体重もあまり順調に増えずミルクをしっかり足して標準ぐらいの体重増加だったため母乳だけに切り替えるのも難しく、うまくいってるとは言い難い日々が過ぎていきました。

だましだまし母乳寄りの混合を続けていくうちに3ヶ月あたりで突然我が子が乳頭保護器を使わなくてもお乳を吸えるようになり、時が解決した!と思いました。

 

結局そこから母乳だけにしようとがんばった時期もあったのですが、やっぱり体重があまり増えないなどなど難しかったので混合でずっと続けていった感じです。

 

母乳育児は幸せだけどつらい!

 

今は離乳食も始まり、正直離乳食のことと母乳のことと混合でプラスするミルクの量…なんていろいろ考えることはできない!と思ったので思い切って母乳をやめました。

幸いにも?子はお乳への執着もあまりなかったのでめちゃくちゃスムーズに卒乳しました。

お乳を吸っているわが子はやっぱりかわいくて、本当に幸せな時間でしたが…

私にはつらいことのほうが多かったです(きっぱり)!

 

時が解決した!というのも後から思ってみればで、がむしゃらに激痛の中頻回授乳していた時は暗闇の中を歩いている感じでした。

今つらい思いをされているママさんには「時が解決するだろうけど、今しんどい!今耐えられない!なら母乳やめてもいいんだよ」って伝えたい。

 

妊娠出産育児って本当に奥が深いです。

【スポンサーリンク】