テキトーに生きる既婚女性がいろんなことを書くブログ

夫婦のこと、子宮筋腫 開腹手術のレポ、趣味(音楽・アニメ・香港映画・宝塚etc…) いろんなことを書きます。

【晴天の霹靂】妊娠~9週目で不全流産 ①ゆるい妊活から妊娠発覚

【スポンサーリンク】

こんにちは、さとこです。
このブログにこんな悲しいことを書かないといけなくなるとは全く思ってませんでした。
でも、自分の中でいろいろ気持ちを整理したいのでこの場を使ってそれを行おうと思います。

あ~ケムリクサ続き気になるわ~やっぱたつき監督は最高やな~などとお気楽に過ごしていたところ、妊娠が発覚!
というのも今年になって本格的に「やっぱ子どもほしい!」と急にエンジンがかかり、まずはゆるい妊活を決行。
それが功を奏したのか?妊娠が発覚しました。

「やったー」という喜びもあったのですが、正直言うとただただ自覚が無く…。
「いやマジで?」という感じでした。

ちなみに…妊娠したくて気を付けたこと

ちゃんとお風呂につかる

今までズボラなこともありちゃんとお風呂につからない日々が多かったのですがそれをまずは改善しようと決意。
なるべくちゃんとお風呂につかろうとしました。
(たぶん普通の人はちゃんとやっている。)

腰にカイロを貼って冷え防止

異常に血行が悪いことは自覚があったので、腰にカイロを貼る・足先が冷たい時は靴用のカイロも使うようにして冷え防止を意識しました。

朝から白湯を飲む

これも同じく冷え防止です。できる限り朝から暖かいものをお腹に入れることを意識しました。便秘解消にも効果があったと思います。

ちなみにこれらは中医学や漢方に関するツイッターや本でいろいろ知識を集めて実践しました。


実際これで結構体調がマシになったな~という自覚もあったのでオススメです。
(今までが不健康すぎたとも言える。)

ゆるい妊活

実は私、基礎体温をちゃんと測っていませんでした…というのも結構夜中に目が覚めて水を飲んだりトイレに行ったりするため「これは正確な基礎体温じゃないな」と思って…。
実際に夜中に起きてしまった時など含めて表にすると体温がガタガタで余計に不安になる始末。
そこで排卵検査薬を使用して正確な排卵のタイミングを把握→その際の体調の変化を自分で観察してサインを見つけるということをやってみました。
その結果、私は
排卵日らしき日はお腹が痛くなる(俗に言う排卵痛)
ということを認識しました。
実際排卵痛を感じたきっかり2週間後には次の生理が来ると言う周期だったため、幸いにもわかりやすかったんです。

そんなわかりやすいサインに今まで気付いていなかったという残念さを痛感しましたが、その排卵痛がだいたい生理終了後12日~14日の間にくることがわかったのでその周期に合わせて

生理終了後10日~15日は絶対に「する!」と作戦を立てました。
事前に旦那さんにも作戦を伝え、しぶしぶ?付き合わせて作戦を決行しました。

妊娠が発覚

作戦を決行して結果を心待ちにする中、今までなかった体調の変化を感じました。
具体的には、
・今まで無かった花粉症が急に出てきた(実際、流産した今はまったくその症状がありません)。
・とても熱っぽい
の2つ。

これはキタのでは!!!!と心待ちにして生理予定日にフライングして妊娠検査薬を使ったところ、うっすらと線が出ているではありませんか!
その時とてもうれしくて、早く旦那さんに報告しないと…!と思ったことを覚えています。
(ちなみにそのあと待ち切れずLINEで連絡したところ、千鳥の漫才「あなた、私、できちゃったみたい」のやりとりをするという浮かれっぷりでした。)

生理予定日1週間後、もう一度検査薬を使って線が出ていることを確認し産婦人科へ…無事に胎嚢を確認することができました。
あと…やっぱり子宮筋腫ができていることも発覚しました…やっぱりね。なんとなくそう思ってたのよ。またきたのね。って感じでした。

その時に「妊娠初期は胎児の遺伝子異常などが原因で15%ほどが何をどうやっても流産になる」「母体が原因ではないことが多いが流産が続くようなら何らかの原因があるかもしれないので検査が必要」と言われ、まだ油断できないということを説明されました。

いろいろ含めて「そうなのか…」とかなり神妙な気持ちになりました。「でも自分は大丈夫だろう~」なんて決して思っていたわけではなかったのですが、でも今思うと心のどこかで
「とはいえ無事に大きくなるんでしょ~」と思っていたな…と思います

 

②へ続きます…そして内容がつらくなります。

【スポンサーリンク】