テキトーに生きる既婚女性がいろんなことを書くブログ

夫婦のこと、子宮筋腫 開腹手術のレポ、趣味(音楽・アニメ・香港映画・宝塚etc…) いろんなことを書きます。

私は結婚式しなかったけど全然問題なかったよという話【ナシ婚】

【スポンサーリンク】

こんにちは、さとこです。
今度職場の先輩が結婚することになり、結婚式におよばれします。

 

なぜなんでしょう・・・人の結婚式に参加すること、とても好きです。
幸せな気持ちになれるし、普段と違う雰囲気なのがワクワクできますよね。
多少余興がスベッててもまぁそんなもんだよねと全然許せますし、手の込んだ内容ならそれはそれでスゲーと興奮しながら楽しめます。
Facebookなどで流れてくる、友人の友人の結婚式の写真なんかもへぇ~よかったね~とか言いながら眺められるので単純なんですねきっと。

で、ふと気付きました。私は結婚式しないという選択をしたんだと。
(世間では結婚式しないことをナシ婚と呼んでるらしいですね。)
というか何なら、結婚指輪も買ってないし写真も撮ってません。

周りに話すとちょっと驚かれたりします。実際に旦那さんのお母さんには驚かれて、せめて親族に対するお披露目会を兼ねた食事会はやりましょうとなり、旦那さんのお母さん企画でお披露目会的なものをやっていただきました。
(義母さまに感謝です!ちなみにその後、別の機会で義母を招待してお礼の会を開きました。)

旦那さんとは7年付き合って結婚したのですが、いろんな要因があって結婚式しなかったな~と思い返しました。

・お金をかけてまで結婚式をしたいという熱い気持ちがない
・ウエディングドレスを着たいなどという憧れがない
・旦那さんは元ひきこもりだったので結婚式に呼びたい友だちがいなさそう
・私もそんなに呼べる友だちがいない
・私の父の身体が不自由なので出席してもらうのは大変そう
・単純に準備が大変そう
・お互いの仕事がお堅いものではなかったので上司への報告のため・・・などという気遣いは必要ない

などなど。

結婚式したほうがいいんじゃないの???と、しなくていいでしょ~という気持ちや要因を天秤にかけた時、圧倒的差をつけて「しなくていい」が勝ちました。
あと、お互いにもう7年も付き合っていて今更キリッとした顔で真面目に式に臨むというのがどうしても無理だなと思いまして、特に旦那さんは真面目な場であればあるほどふざけたくなるという人なので・・・結婚式をすること自体が「私達らしくない」ような気がしたため遠慮しておきました。

また、こういうことは周囲の親族からの意見も大切だと思うのですが私の母は「自分も結婚式したけど思い返してもそんなに思い入れもないしやらんでもいいんちゃうか~」というサッパリした反応だったのであっさり話が進みました。
前述の旦那さんのお母さんに会を仕切ってもらったのも、近所の洒落たレストランでランチタイムにコース料理を食べつつ歓談するという内容だったのでもちろん後日お礼をしましたが本当にありがたかったです・・・!

もう結婚から3年ぐらい経ちますが特に後悔もなく・・・(^^;)

この時代、いろんな夫婦の形があっていいと思います。
もちろんこだわりの結婚式をされるのも良いと思いますし、結婚式せずに別のことにお金をかけて皆で楽しむという選択肢もありですよね。
絶対コレ!という正解はなく、まずは夫婦が納得して「私達らしい」って思えることが大切なんじゃないかな~と思います。

それにしてもせめて写真は撮りたいな~と思ったまま月日が経っています。
お互いに写真が好きじゃないため、2人で写った写真がないんですよね。
(それも驚かれる。)
でもやっぱりそれもキリッとして写真を撮るのは難しそうなので、自然体で何か形に残せないかな~なんて思っています。

来年こそは・・・!

 

 

【スポンサーリンク】