テキトーに生きる既婚女性がいろんなことを書くブログ

夫婦のこと、子宮筋腫 開腹手術のレポ、趣味(音楽・アニメ・香港映画・宝塚etc…) いろんなことを書きます。

【元祖2.5次元】宝塚で上演してほしい作品ベスト5!!!

【スポンサーリンク】

こんにちは、さとこです。
ここ数日雪組のことで頭いっぱいで脳がパンクしそうなので、今日はしょーもない話をさせてください。

 

ということで
チキチキ!宝塚で上演してほしい作品ベスト5!!!
はい、結局宝塚ネタです。

 

皆さんご存知の通り、宝塚はベルサイユのばらで元祖2.5次元の称号を手にし、その後もメイちゃんの執事はいからさんが通るポーの一族など少女マンガはもちろん、ブラックジャック、銀河英雄伝・ルパン三世るろうに剣心など少年/青年マンガも上演、さらには逆転裁判戦国BASARAなどゲーム作品まで上演してきました。

もはや宝塚に不可能はないと言っても過言ではありません!

今日はファンなら絶対一度は考える「これは宝塚で上演してほしいな〜」という作品を独断と偏見で語りたいと思います。

第5位

ばらかもん

ばらかもん 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

書道家の半田清舟が東京でトラブルを越し、人間的に研鑽を磨くために長崎県五島列島へ送られる。最初は反省する気もない半田が島の人々との触れ合いの中で大切なものを取り戻し、人間としても書家としても成長していく過程を描く作品。
スクウェア・エニックス系のガンガンで連載されているマンガ作品です。アニメにもなりましたし、主人公 半田の高校生時代を漫画にしたスピンオフ「はんだくん」という作品もあります。

この作品、主人公の半田清舟はイケメン設定ですし島の人々など登場人物も多いので絶対舞台化できると思う…。
さらにさらに書道のパフォーマンス的なこともできればすごいクオリティになりそうじゃないですか???

むしろなんで宝塚に限らず映像化や舞台化がされてないんだろ…。ちょっと疑問です。


第4位

PSYCHO-PASS

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray Premium Edition

人間の心理状態や性格を数値化する「シビュラシステム」。快適な生活を送るための指標として人々がシステムを利用する西暦2112年の日本。
犯罪に関する数値「犯罪係数」で危険と判断された者はたとえ罪を犯していなくても逮捕されるという仕組みが確立している。
公安局刑事課の面々が様々な葛藤を抱えながら悪と戦う近未来SF刑事ドラマ。
こちらは2012年に放映されたアニメ作品です。総監督はドラマ「踊る大捜査線」の監督、本広克行さん。

特殊だけれど完成された世界観、多彩な過去を持つ登場人物、悪を裁くことへの葛藤、刑事が持つ特殊拳銃「ドミネーター」のギミックなどなどかっこいいポイントがたくさんあります。アニメは人気で2期まで作られさらに劇場版も公開されました。
これも絶対宝塚で舞台化できると思う…。
(あ、でもちょっと待って!恋愛の要素はゼロに等しい!!やっぱり厳しいか。。。)


第3位

高橋留美子先生の作品

[まとめ買い] めぞん一刻 新装版(ビッグコミックス)

すみません、これは完全に自分の趣味です。
日本を代表するラブコメ漫画家、高橋留美子先生の作品が宝塚とコラボすればファンは狂喜乱舞するだろうな〜という妄想です。
うる星やつららんま1/2はトリッキーすぎる、犬夜叉はすでに舞台化しているので、めぞん一刻とかどうでしょうか???
本当は1ポンドの福音が最適だ!と思ったんですけど、あれボクシングの話なのでボクサー役は宝塚では再現不可能だな…と思って落胆しました。

うん、めぞん一刻とかがいいと思う!!すれ違いや誤解を重ねて最終的に結ばれるという…普遍的なラブコメディを観てみたい!!


第2位

剣客商売

剣客商売(一?十六、番外編) 合本版

これは本当にお願いしたいです。池波正太郎先生の時代小説です。ドラマ化もされました。

基本的には剣の達人 秋山小兵衛とその息子大治郎が様々な事件に巻き込まれ解決していくお話し。
江戸時代の平和な世の中に剣客としてどのように生きていくか…という、「ただ悪を斬る!」って感じの話とは違う小粋さがある作品です。
大治郎を主役にすれば女武芸者 美冬との恋愛要素も描けていいんじゃないでしょうか!

今書きながら思いましたが、時代劇のドラマだったら渡辺謙さんが演じてた「御家人斬九郎」もいいな〜。
豪快な主人公、女芸者との小粋な恋愛、粋なエンディング…と名作の要素が詰まりまくってます。
あ、「御家人斬九郎」もオススメですわ。中日劇場あたりで上演してそう。


第1位

ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

これも本当にお願いしたいです。言わずと知れた年齢不詳でおなじみの荒木飛呂彦先生が描く少年ジャンプで連載された名作マンガですね。
現在もまだシリーズの連載が続いてます。

第一部は、イギリス貴族のジョナサン・ジョースター(通称ジョジョ)と、「石仮面」の力で不死の力を手に入れたディオ・ブランドーの因縁と戦いを描いています。
人気のある第三部以降は、「スタンド」と呼ばれる精神エネルギーが人の形(人じゃない場合もあり)になったものを戦わせるバトルシーンが繰り広げられます。

私が推したいのは、第五部ですね。
舞台はイタリア、少年ギャングたちがそのボスと壮絶なバトルを繰り広げるという内容。

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

宝塚にぴったりだと思います!!!

で、なぜジョジョを1位にしたかというと、ジョジョの根底に流れているテーマが「人間讃歌」なんです。
もう宝塚にぴったりじゃないですか?

人間が力を合わせて大きな舞台を作り上げ、人々に感動を与える…いわば宝塚も人間讃歌ですよね。本当にぴったりだと思います。
そういう点からも、コラボするようなことがあれば本当にすごいだろうな〜と思いまして1位にさせてもらいました。


はい、というわけで妄想話にお付き合いいただきありがとうございます(^^)
このランキング、その都度変わっていくのでまた思いついたらやりたいです。

昨日は花組の「ポーの一族」の制作発表がめちゃくちゃバズってましたね。宝塚知らない人もあれを見て驚いただろうな…。
美が爆発してて笑ってしまうくらい綺麗…。
とりあえず私は宙組の「天は赤い河のほとり」が楽しみすぎるのでワクワクして待ってます。

[まとめ買い] 天は赤い河のほとり(フラワーコミックス)

これは本当におもしろい漫画ですよ~~!!

これからの宝塚の演目に期待してます!!

 

その他宝塚に関する記事はこちらから↓

www.karadagadaiji.com

【スポンサーリンク】