テキトーに生きる既婚女性がいろんなことを書くブログ

夫婦のこと、子宮筋腫 開腹手術のレポ、趣味(音楽・アニメ・香港映画・宝塚etc…) いろんなことを書きます。

子宮筋腫 開腹手術レポ 入院4日目 (術後2日目) ガスのこと&早く歩き出すことが大切という話

【スポンサーリンク】

前日のことが嘘のように、この日は朗らかに過ごせました。

 

トイレにいくついでに病棟を1周するというノルマを課して、積極的に歩き回ります。
微熱はありましたがそんなにしんどくないので出来る限りうろうろ。

歩き出すと血栓防止のストッキングを脱ぐことができるので、この日の朝にはストッキングを脱ぎました。

まるでスリムウォークのような着圧ソックスを手術前から履いていたんです。

ご飯も普通に完食。


で、書き忘れてたことがありました…ガスについてです。


もともと術後1日目からしきりに看護師さんに「ガスは出ましたか?」と聞かれてて、「えっ?自然に出るんですか?それとも無理にふんばって出さないとだめ??」と逆質問していました。
腹圧厳禁なのでふんばるなんてもってのほか。ですが不安になりますよね…。

ガスがでないと水飲めない、食事もとれないという体験談も読んだのですが、私の場合は看護師さんが聴診器でお腹の音を聞いて腸が動いてるからオッケー!飲食オッケー!という感じでした(いや、他にも判断材料はあったと思いますがね)。

で、ガスです。

何の心配もなく、自力でトイレにいくようになって普通にトイレで出ました。

 

よく考えたら寝たきり状態で腸が活発に動く訳もなく、そもそも背中から痛み止め入ってるからお腹の感覚が麻痺してるし!!

術後のリバースしながらのトイレで一気に歩けるようになったことから考えても、やはり早期離床って重要なんだなーと思いました。

実際、この日からはベッドに寝てるよりも立ってるほうが痛みもマシに感じるほどでした。

 

「手術のあとすぐ歩かせるなんて鬼だ…!」と思ってましたがとても重要なことですね!
手術を控えて不安に思ってる人に伝えたいです。

多少無理しても歩いたほうが良かったよと。

 

でもまぁ立てるようになるまでは…地獄ですけどね(- -;)

【スポンサーリンク】